錠剤

ラブグラは女性用バイアグラとも呼ばれている薬で、不感症やHDSS(性的欲求低下障害)を改善させる作用があります。バイアグラは男性の勃起を補助する薬ですが、ラブグラも作用は同じで血管を拡張させて女性器の血流を良くします。
このような効果が得られる事から、ラブグラは女性に人気があります。
ラブグラに似たような薬でフリバンセリンがありますが、こちらの薬も人気があります。
性的欲求の低下が最近感じるのであれば、フリバンセリンで性欲増進させましょう。
また、女性器が濡れやすくなったり、オーガズムに達しやすくなるなどの効果も期待できます。
ラブグラが血流を促進させる仕組みは、有効成分の働きによってPDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という酵素の働きを阻害することで起こります。本来であれば血管拡張物質cGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)はPDE5によって壊されてオーガズムはおさまります。
しかし、PDE5の働きが邪魔されるとcGMPがなくならずに血管が拡張し続けるので、血流循環が良い状態が続きます。
つまり、ラブグラは血管拡張剤としても使えるということです。これを常用すれば、動脈硬化によって硬くなった血管が常に広げられることになるので、血管の老化に対してアンチエイジング効果が期待できるという研究もあります。
老化は血管から起こるといわれているくらいですから、血液循環が常に良い状態が維持されれば、全身に届けられる酸素や栄養素が多くなり、身体中の細胞が若々しくいられる可能性があります。
cGMPは加齢によって放出量が少なくなったり、精神的にストレスによって少なくなることもあります。こうなるとさらに血流が悪くなって感じにくくなってしまいます。
ラブグラを使うと女性器周辺やクリトリスの血流が増加するだけではなく、全身の血液循環も良くなるので、全身のアンチエイジング効果も期待できます。
ただし、たくさん飲めば若くなれるわけではないので気をつけましょう。

記事一覧

シリコンボールは、人体に無害なシリコン製のボールをペニスの亀頭部に埋め込むことで、SEXの感度を上げ...

ラブグラは、SEXの際に絶頂に達するオーガズムの不全治療にも使える薬です。 性交渉において女性が性的...

ラブグラは、女性の不感症を改善する効果が期待できる薬です。 男性のED(勃起障害)治療薬と似たような...