• ホーム
  • ラブグラとオーガズム不全

ラブグラとオーガズム不全

話し合っているカップル

ラブグラは、SEXの際に絶頂に達するオーガズムの不全治療にも使える薬です。
性交渉において女性が性的に満足が得られないことの総称を、女性性機能障害(FSD)と呼びます。男性のED(勃起障害)の治療については様々薬が開発されて治療が行われていますが、女性のオーガズム不全などはあまり声高に問題視されるケースが少ないです。
病院に行っても相手にされないなど、不適切な対応をとられてしまうこともあります。
オーガズム不全に陥る原因はいろいろありますが、更年期に入って女性ホルモンのバランスが崩れることや、加齢やストレスが原因になると言われています。
動脈硬化症など、加齢や生活習慣によって血液循環が悪くなることで、女性器周辺の血流が少なくなり感度が下がることで起こることもあります。
こういった症状に対して、ラブグラはPDE5(ホスホジエステラーゼの5番)という酵素の働きを阻害することで、血流を良くして不感症やオーガズム不全を解消してくれる効果が期待できます。
この作用は男性のED治療に使われているED治療薬と同じ作用です。
薬の効き方には個人差がありますが、薬を使わない時よりも感度が上がったという声が多いです。
オーガズム不全に陥るとSEXの際の喜びが少なくなってしまいますし、パートナーを満足させることができなくなります。また、女性が自分自身の自信を喪失してしまうなどの問題も起こります。
ラブグラを安く手にいれるには、ネット通販の個人輸入を利用すると良いです。
ネットでは医師の処方箋なしで薬を買うことができるので、恥ずかしくて周りに打ち明けられない人や、病院に行くのがためらわれる人でも薬を手に入れて治療することができます。