• ホーム
  • ラブグラとタダリスの精力への効果

ラブグラとタダリスの精力への効果

色々な薬のケース

ラブグラは女性版バイアグラと呼ばれている医薬品で、バイアグラと同じシルデナフィルクエン酸塩が有効成分として配合されています。
タダリスは第三のED(勃起障害)治療薬のシアリスのジェネリック医薬品で、同一成分のタダラフィルが配合されています。
どちらも全身の血流を良くする作用がありますが、タダリスは男性用、ラブグラは女性用なので、性別にあった薬を飲むようにしましょう。
ラブグラもタダリスは有効成分は違いますが、血管拡張を維持させて、血流をアップさせるメカニズムは同じです。これにより女性では不感症治療やオーガズム不全治療に使います。男性の場合はEDを改善させるためによく使われます。
ただし、どちらも性的刺激を受けないと効果が出ないのが特徴です。精力増強などの媚薬効果はないので、うつ病などで性欲が減退しているという時には効果が薄い可能性があります。
媚薬と違って脳に影響を与えるような心配がないのが、ラブグラやタダリスのメリットとも言えます。あくまで全身の血流を良くするだけの作用なので、パートナーや胎児に対する危険性もほとんど心配ありません。
また、ラブグラを使うことで膣が濡れやすくなってペニスを挿入しやすくなるので、性交痛が嫌という女性にも適しています。
不感症もEDもどちらも今では治療薬があるので、不安を感じているのであればはやめに病院を受診してみるようにしましょう。もしくは、海外から個人輸入代行業者を通して個人輸入するという方法もあります。
この方法だと病院を受診する必要がなく、医師の処方箋がなくても買うことができるので、周囲に知られてしまうことがありません。ただし偽者や粗悪品を売りつけられてしまわないように業者選びに気をつける必要があります。