• ホーム
  • 医者不要でシリコンボールとラブグラで感度を上げる

医者不要でシリコンボールとラブグラで感度を上げる

薬を飲む女性

シリコンボールは、人体に無害なシリコン製のボールをペニスの亀頭部に埋め込むことで、SEXの感度を上げるグッズです。ボールの硬さはだいたい耳たぶと同じくらいで、ペニスのサイズや特徴に応じて挿入位置やサイズを調整します。
ボールを入れすぎると刺激が強すぎる可能性があるので、だいたい2~3個が平均、多くても5個くらいまでにとどめます。
シリコンボールの値段は1個あたり4万円ほどで、手術は美容外科で行われることが多いです。安価な治療とは言えませんが、SEXの満足度がアップしたり、マンネリ化を打開できるというメリットがあります。
この手術は男性に対して行われるものですが、女性の感度を上げる薬もあります。ラブグラという薬で、男性のED(勃起障害)治療に使われるバイアグラの女性用に開発された医薬品です。
ラブグラを飲むと全身の血流が良くなり、クリトリスや女性器周辺の血流がアップします。すると感度が上がったり、膣が潤いやすくなるので、SEXの満足感がアップしたり、性交痛が緩和するというメリットが得られます。
ラブグラは日本では未承認の薬なので、基本的にはネット通販で買うことになります。ネット通販は医者の処方箋なしで医薬品が買えるというメリットがあります。
海外の薬販売者から個人輸入代行業者という仲介業者を通して、個人輸入します。個人で取引することも不可能ではありませんが、税関など書類の扱いが難しいのでたいていは個人輸入代行業者を通して買うことになります。
医者に診てもらうのは恥ずかしい、病院で相手にしてもらえない、などの悩みを抱えている女性であれば、ネット通販でラブグラを個人輸入してみても良いでしょう。ただし副作用が起きても自己責任になるので、その点は気をつけましょう。